競争力と利益構造の実現のため、人員構成や人件費の最適化は不可欠です。

ブライツパートナーズは、リスク・副作用の最小化、コスト抑制を両立しながら、目指す目標を達成できるようご支援します。

直接的な削減

戦略・環境変化に沿った人員体制の実現に向け、直接的な削減策を講じる企業が増えています。

  • 早期退職
  • 希望退職
  • PIP(パフォーマンス改善プログラム)
  • 退職勧奨
  • 再就職支援

注記)再就職支援は提携先と共同でご支援いたします

間接的な削減策との組み合わせ

上記の直接的な削減策は事業継続への悪影響も大きく、規制や実務への影響もあることから単体の実施では実効性はさほど見込めません。
実効性を担保するため、間接的な削減策との組み合わせを設計することが有効です。

  • 仕事内容・配置の変更
  • グループ内外への出向・転籍
  • 昇格・昇給の調整
  • 報酬構造の変更
  • 評価の厳格化
  • ポストの調整 など
主要メンバーの実績
  • 自動車部品製造会社の買収後の人員削減
  • 電子機器メーカーにおける人員削減
  • 情報通信機器企業のグループ再編
  • インターネットサービス会社における利益構造改善に向けた人員削減
  • サービス会社における事業ポートフォリオ再編に伴う人員削減 など